90分セミナー(3月開催)

伝えたい思いは眠っているのに、
どう見つけたらいいかわからない。

いつも続けられなくて、
向いていないのかなと思ってしまう。

一つの投稿に時間がかかりすぎて、
日常生活の多くを犠牲にしている。

そんなモヤモヤを抱えながら、
ブログやSNSをがんばっている方へ。

こんなお悩みありませんか?

  • ブログやSNSが続けられずに落ち込む
  • 何を投稿したらいいのか分からない
  • これで大丈夫かな?といつも不安になる
  • 効率よくブログやSNSを更新したい
  • 一本を更新するのに時間がかかりすぎる
  • ブログやSNS自分を表現するが苦手


「始めるのは簡単だけど、続けるのはすごく難しい」

とはよく言われますが、ブログSNSも同じです。せっかく伝えたいこと、表現したいことがあってチャレンジしたにも関わらず、結局苦しくなってやめてしまう…。

挫折する理由の一つは、「達成感が得られない」からかもしれません。何のためにやっているんだろうか、未来に繋がるんだろうか。こんなに時間も労力も使って…。

そう思ってしまうのも無理はないんです。手応えや結果を得るにはどうしても時間がかかるから。

実は、発信を続けるにはコツがあります。やみくもに思うがまま書くわけではなく、

①ゴール(目標)を見据えて、
②ステップを段階的に踏みつつ、
③つまずきを解消しながら

更新する。この点を意識するだけで、モチベーションも達成感も、ぐんと違ってくるはずです。

続けることは、大変だし、苦しい。でも、その積み重ねた時間とスキルこそが、必ずいつかの自分にとって味方になってくれると思います。

なぜ発信が続けられないのか?

長らく編集者やライターに従事し、また自分もブログやSNS(Twitter、Instagram)を運営する中で、「続けられない」お悩みをたくさん聞いてきました。理由を突き詰めると、この二つに分かれます。

◎「何を」発信したらいいか分からない
◎「どうやって」発信したらいいか分からない

その中でも、まず大きな壁となるのが一つ目「何を」の部分です。ここがしっかり整理されていないと、そもそもすぐにネタが尽きてしまい継続が難しくなるからです。

何もしなくてもどんどんネタが溢れてくる人は、おそらく物事に対する感受性やアンテナが非常に高い人なのでしょう。もちろん、そういった能力自体を高めていく必要はあります。

しかし、そうじゃなくても、今の自分そのままで、ネタはたくさん見つけられます。正しくは「生み出す」「決める」。ちょっとしたやり方を知るだけで、書きたいネタや書くべきネタが見つかるんです。

そのために必要なのは「土台の見直し」と「ツールの活用」

最初にベースをしっかり整えることで「ブログやSNSのネタを探さなくていい、一つずつ投稿していく」という状態にします。

「土台の見直し」「ツールの活用」とは?

毎日、パソコンやスマホの前で「何を投稿しよう」とウンウン唸る。それはそれで楽しい時間だとも思います。
ただ、この状況はブログやSNSの運営における悩みの一つである「時間がない」を圧迫しかねません。本業、家事、育児と忙しい日々の中、隙間時間で更新している方がほとんどだと思います。

継続して更新するためには、まず自分が「何を発信する人」なのか明確にする必要があります。これが土台の見直し」です。ご自身の内側にあるありとあらゆる素材の中から「届けたい人に届けたい情報を届ける」。それにはちょっとしたコツが必要です。

そのためには、単に頭で考えたり手を動かすだけでなく、世間の声に耳を傾けなければなりません。ここでは「ツールの活用」が有効となります。すでに溢れている情報から発信に求められているヒントを得るのです。

ブログやSNSの「土台の見直し」と「ツールの活用」をしっかり行えば、運営の方向性のブレがなくなり、何を書けばいいか分かるようになります。

最初の段階で、少なくとも30本〜50本ほどのブログやSNSのネタを生み出せます。もう最初から「これを更新する」と決めた状態を作るんです。

もちろん、日常生活を送っていると、事前に決めたネタ以外にも「こんなこと発信したい」という気持ちも生まれてくると思います。それも、ぜひ取り入れましょう。

ある程度の枠組みを決めつつ、日々生まれる気付きや出来事も丁寧に拾い上げる。二つの方向から攻める。

そうすれば「ネタがない」なんてお悩みは消え去り、常に溢れた状態になります。結果的に、時間も有効活用でき、発信の土台が強固になります。

キャリアと挫折から学んだメソッド

実は、私も「発信を続けられない」人間でした。自分を表に出すのがひどく苦手だからです。
編集者という職業は黒子の役割が多く、基本的に自分が前面に出る機会は稀。
だからキラキラもできないし、かわいくもなれない。自ら発信なんて向かないと長らく悩んできました。

しかし、ブログやSNSに関する様々なセミナーや講座に出たり、また書籍を読み漁ったりするうちに、編集者の経験がある私だからこそできる「ブログの作り方」「SNSとの付き合い方」があると気付きました。これまでのキャリアを活かし、実践に結び付けてきました。

結果的に、ブログやSNSをベースに仕事依頼をいただく機会が増え、今はフリーランスの編集者として安定して働いています。

そのメソッドをお伝えするべく、今回のセミナーは、概要と実践について丁寧に解説するプログラムを作りました。

知っておくだけで、時間の使い方にうんと差がでます。

発信を長く続けていくために、新たなメソッドを取り入れてみませんか?

【セミナー日程】※すべて日本時間 ※小人数制

3月7日(日)午前11〜12時半
3月13日(土)午前11〜12時半
3月21日(日)午前11〜12時半

3月27日(土)午前11〜12時半

【参加費】
¥5000→
特別価格¥3,000(税込)

【場所】
Zoom
(お申込みの方にリンクをお送りします)

時短ライティング・ラボ
在宅編集者/坂本ミカ

自分が本当にやりたいことや伝えたいことが分からない方、もしくは迷いが生じている方を対象に、内面を徹底的に掘り下げて一人一人の強みやスキルを炙り出し、コンテンツ化・言語化のサポートを行う「時短ライティング・ラボ」を運営。

メディア制作歴14年。過去には、旅行会社の会員向け会報誌担当、制作会社の編集者・広告制作として従事。2011年にインターンシップで渡米。現地邦人向けフリーペーパーの制作会社で編集者兼営業として働く。インタビュー経験多数。

副業や趣味でも、Webライター業やブログ構築に着手。Web記事100本、ブログ記事450本、エッセイ・コラム180本を短期間で執筆。エッセイやレビューで受賞歴あり。プライベートでは二人の男子のママ。