個人メディア作り(10)モチベーションを保つ

個人メディア作りは始めることよりも続けることのほうが難しいと言われているように、作り始めは情熱を持って取り組めていたのに完成する前に挫折してしまう人はとても多いです。

わたしが最初に個人メディアを始めたのは2009年。アメブロで友達と交流目的の日記ブログを細々と2年間続けました。

他のことが忙しくてしばらくやめていたのですが、2年ほどのブランクを経て2013年に復活。以来テーマを一度変えましたが5年ほど個人メディアの運営を続けています。

続けるにあたって大切なことがあります。「ゴール設定」「タイムマネジメント」「モチベーション管理」です。

3つの視点からわたしが個人メディア運営で心がけていることをまとめました。

ゴール設定編

長期・短期目標を立てる

一気に作り上げたい人、毎日淡々とやりたい人、制作スタイルは運営者の性格によりますが、いずれにせよ手を止めず作業を続けるには目標を立てることが不可欠です。

たとえば、

長期目標:作り上げることで得たい自分像
短期目標:◯月◯日までに■記事書く!

というように二つの目標をいったりきたりするといいです。遠くばかりを見ていても道のりが長く感じられますし、目の前ばかりを見ていても終わりがないようで辛くなります。

優先順位を明確にする

個人メディアを作ってみたいと思っている方の多くが、会社員として働いていたり、主婦として家事や育児が忙しかったりすると思います。そんな中、一定の執筆時間を得るのは想像以上に難しいことです。

ブレずにやり遂げるためには、優先順位を明確にしましょう。

わたしの場合、集中したいときには夫とのくつろぎタイムや友人との会合を諦めます。また、お金で時間を買う意味で一時的にお惣菜に頼ったり、掃除を外注したりしています(投資のつもりでお願いすることがポイント!)。

ただし、子どもとの時間はたっぷり取るなど、自分が納得する範囲でメリハリをつけています。

稼ぐことを目標としない

ブログやアフィリエイトなど最近は「メディアで稼ぐ」ノウハウが溢れています。正しい方法でやり続けていけば、ある程度稼ぐことももちろんできるのですが、5000円以上稼げる人は上位数%なのだそうです。

よっぽど才能がある人でない限り、お金を生むまでにかなりの時間を要します。数ヶ月〜1年は無報酬も当たり前。稼ぐことを最重要項目にしてしまうと、楽しんで続けることができません。

個人メディアをツールとして自分の魅力を表現していくこと、仕事やキャリアに繋げること、プランニングやライティングのスキルを身に付けることをメリットとして考えてはいかがでしょうか。

タイムマネジメント編

曜日や時間帯を固定する

忙しい中で一定の作業時間を確保するためには、ルーティン化してしまうのがおすすめ。毎日更新できればもちろん素晴らしいのですが、ストイックにやろうとすればするほど、実現できなかったときのモチベーションダウンが顕著です。

「週に3回/夜9〜11時」など、自分に無理のない範囲であらかじめ設定しておくと、お稽古事の感覚で続けられますし、他の曜日は意識的にリラックスタイムを取って気分転換できます。

スケジュールをブロックする

ルーティン化に伴い、スケジュール帳を使っている場合はあらかじめ指定の時間に斜線を引いて予定を入れないようにします。初めからなかったものと見なすのです。

わたしの場合は曜日や時間だけでなく、マンスリーのページを見ながら「ここ2週間は誰からの誘いも受けない」など、直近2ヶ月分は決めてしまいます。どうしても想定外のことが起こってしまうので、多めにブロックしておきます。

細切れ時間を活用する

「さぁ、記事を書こう」とパソコンを目の前にしてからネタや構成を考えていては時間が足りません。通勤時間や家事の合間ほんの15分でも時間があるときに、進められるところは進めるようにすると効率がいいです。

わたしは「Evernote」「lino」などパソコンと携帯アプリで情報を同期化できるメモサービスを使用しています。

なぜか寝る前にアイデアが思いつくことが多く、ベッドに入ったままアプリを立ち上げて、記事の下書きや時間ができたら調べたいことなどをババっと書いて保存しています。

マインド改革編

インプットを意識する

書いていると、どうしても息切れすることがあります。「なぜか気分が乗らない」「書く内容が思いつかない」「言いたいことがまとまらない」…etc。

もしかしたら、アウトプットに集中したことでインプットが枯渇しているのかもしれません。一旦書くのをやめてインプットに集中してみてください。

その際は、取り組んでいる分野に関する情報を新しく取り入れるのもいいですが、マンガやドラマ、映画といった娯楽と思えるようなものにも幅広く目を通すのがおすすめです。思わぬところでモチベーションのスイッチが入ったり、ふとしたことがきっかけで点と点が繋がることがあります。

決まりごとを作りすぎない

目標設定やタイムマネジメントで自分を管理するのは大切ですが「あれもだめ、これもだめ」では、作業自体が楽しくなくなります。

記事を書くことにおいても、完成度にこだわりすぎるとなかなか更新できずに達成感が得られません。「今の自分に書けるもの」に全力投球するのは大事なことですが、楽しく続けることを優先してくださいね。

あくまでマイペースに進められればいいのです。

できない自分を責めない

たとえ目標通りにできなかったとしても自分を責める必要はありません。あらかじめ組んでいたスケジュールを放棄してゴロゴロしていたとしても「リラックスできた」とプラスに転換する余裕を持ちましょう。

今後のモチベーションに繋げるように切り替えることがポイント。また仕切り直せば問題あリません。

自分が心地いい運営スタイルを見つけてくださいね。

以上、簡単ではありますが個人メディアの作り方を10のステップに分けてご紹介しました!

自分だけの個人メディアを持つことはキャリアや人生において必ず強力な武器となります。ぜひトライしてみることをおすすめします。

知りたいこと、疑問点などがあればお気軽にお問い合わせください^^

ステップ10のまとめ

★ゴールや優先順位を明確にして記事を書く時間を作る
★細切れ時間を利用して少しずつ構成や執筆を進める
★インプットやリラックスタイムも大事なものと心得る

【PREVIOUS】→(9)情報収集を習慣づける 〜ネタに困らないために新しい知識を取り入れよう〜

無料小冊子「Webライターはじめかたガイド」

Webライターを始めるにあたって
必要な情報を盛り込んだ無料小冊子
「Webライターはじめかたガイド」
プレゼント中!

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

個人メディア作り(9)情報収集を習慣づける

個人メディア作り(1)発信テーマを決める

個人メディア作り(8)自分の世界観を構築する

個人メディア作り(5)運営型と構成案を練る

個人メディア作り(2)市場とニーズを調査する

個人メディア作り(4)コンセプトを立てる