オリジナルブログ講座(8)自分の世界観を構築する

メディア作りに大事なことはたくさんあります。世のメディア論、ブログ論に目を通していると、何はともあれコンテンツ(記事内容)が一番だという主張がほとんどで、そこに異論はありません。

でも、わたしはあえて早いうちからデザインや見た目にこだわっています。メディアをお気に入りの空間にすることで運営のモチベーションが上がるからです。

体裁を整えることばかりに時間を使ったり、必要以上にお金をかけたりすることは、もちろんダメです。あくまで「ないがしろにしない」ということです。

写真一枚変えるだけでも、雰囲気はガラッと変わります。せっかくなら自分が運営していて「かわいいな」「素敵だな」と思えるものを作ってみてはいかがでしょう。

実際には、細かく自分でカスタマイズするのはWebデザインやWeb構築のスキルが必要なので、デザイン会社が発行している専用テンプレートを利用するのがスタンダードです。

まずは自分の好みを知る

どんな雰囲気にしたいのか?モチベーションが上がるのか?まずは自分の好みを把握することから始めます。

気になったサイトはかたっぱしから保存してみるのがおすすめ。いくつか集まったら分析します。すると共通する要素が浮かび上がるはずです。

ちなみにわたしは海外ブロガーさんのテイストが好きで、よく覗いています。「シンプルなのにフェミニン」「余白が多い」「ベースカラーは淡い暖色系かモノトーン」とかそんな感じ。海外ブロガーさんは、デザインや見た目にこだわる人が多いです。

それも大事な自己表現の一つなんですよね。


もしくは、びっしり情報が詰まったマガジン系も好きです。本格的っぽく仕上がるし、自分も読む側の立場になったとき閲覧していて楽しいからです。

保存方法については、以下のサービスを試してみてください。
 

保存ツール①Pinterest

https://www.pinterest.jp

お気に入りの画像をピンボード風にストックできるサービスです。ポイントは自分がピンした画像を一覧で見られること。好きな雰囲気の全体像が掴みやすいです。

保存ツール② Pocket

https://getpocket.com

個人的には一番使用頻度が高いツール。お気に入りのサイトを見つけたら保存できるサービスです。オフラインでも使えますが、Pocketから直接見るときは装飾が外れてテキストだけになります。オンラインでは本家のリンクに飛べるので便利です。

世界観を構成するポイント

サイトのどんな要素が見る側へ影響を与えているのか?注目すべき点を理解して、自分のメディア作りに活かしましょう。

メディアタイトル

本来はもっと前段階、コンセプト設定や構成案作りの際に一緒に作り込むべきなのですが、ブログの全体的な雰囲気を決めた上でメディアタイトルを考えるのも効果的です。

たとえば、何らかのノウハウを伝えるメディアを運営するとして、タイトルを「〇〇術」にするのと、「〇〇ラボ」にするのでは受ける印象が違います。

ここでは、自分が好きな世界観を表現することと同じぐらい「読者にどう思われたいか」も大事。特にメディアタイトルは、パッと見て印象に残る残らないが分かれる要素なので、しっかり考えたいものです。

フォント

がっしりした見た目のものもあれば、華奢な見た目なものもあります。

たとえば、 WindowsとmacOSどちらにも標準搭載されている「游ゴシック」は華奢かつ読みやすいので、女性っぽい雰囲気を演出するのにおすすめ。

FONT PLUS(https://webfont.fontplus.jp)などWeb上フォントを提供しているサービス会社のHPでは、一覧が掲載されているので参考にしてみてくださいね。

一般的にはテンプレート自体に最適なフォントが装備されているはずなので、自分にとって違和感がなければそのままで問題なしです。

色味

かわいらしい雰囲気を出したいならピンク、オトナっぽさを演出したいならワインレッドなど、色が与える印象は大きいです。比較的カスタマイズしやすい部分でもあります。

わたしは、Web上の色味については原色大辞典(https://www.colordic.org)というサイトを使って調べています。またLOL COLORS(https://www.webdesignrankings.com/resources/lolcolors)というサイトでは、4色の配色バランスを教えてくれるので色使いの参考にしています。

写真

手持ちの写真を使ったり、無料サイトからダウンロードしたり、思い切って有料サイトから購入したり、入手方法もさまざま。

特にトップページの写真を変えるとガラッと印象が変わるので、こだわってみてくださいね。海外のフォトサービス会社を利用してみるのも差別化を図る一つの方法です。

あしらい

主にトップページに配置されるバナーはメディアの第一印象を左右します。特にメディアをお仕事に活かしたい方はこだわりたいポイントです。バナー専門デザイナーさんもいるぐらい!

他には、アイコンを用いたり、吹き出しを作ったり、細かい部分の積み重ねが全体に影響を及ぼします。

文章のトーン

文章のトーンもメディアの印象作りにおいて大きな役割を持っています。語尾が「〜です、ます」「〜だ、〜である」では力強さが変わりますよね。

わたしも昔は自分の文章に対して「淡々としていて面白くない」と悩んでいました。語尾が上がるような元気いっぱいなトーンや、少しぶりっ子したような♡を多用するトーンにトライしたこともありますが、慣れなくてやめました…。

今ではこの淡々とした感じも自分の個性だと割り切っています。

さて、ここまできたらもう後は運営を続けるのみ。次のステップでは、記事を更新するにあたって習慣づけたいネタの収集方法についてお話します。

ステップ8のまとめ

★メディアにおける自分の好みを把握する
★さまざまな媒体を見て気になったものはツール保存する
★見た目の要素から文章トーンまで要素に分けて考える

【NEXT】→(9)情報収集を習慣づける 〜ネタに困らないために新しい知識を取り入れよう〜
【PREVIOUS】→(7)記事を書き始める 〜おさえておくべきライティングのコツを学ぼう〜

Related Entry

オリジナルブログ講座(2)市場とニーズを調査する

オリジナルブログ講座(10)モチベーションを保つ

オリジナルブログ講座(7)記事を書き始める

オリジナルブログ講座(6)ブログサービスを設定する

オリジナルブログ講座(9)情報収集を習慣づける

オリジナルブログ講座(4)コンセプトを立てる