【ご感想】ワークを交えて体感、みんなとシェアできたことはいい学びの体験の場でした。

そもそも編集者がどのような仕事なのかよく理解していなかった私ですが、数多く受信している中でもミカさんのメルマガはいつも分かりやすく胸に響き印象に残るものの一つでした。

私には発信したいことはあっても書きたいことが多すぎて、話が枝分かれしてしまい収集が付かなくなるのが困ったところで、そのために「時短ライティング」に魅かれて受講を決意したのです。

ミカさんがあのようなメルマガを書けるヒントをプロの編集者から学びたいということもありました。

受講して意外だったのはミカさんがプライベートなことが一切書けなかった、何を書いていいのか分からなかったと言われていたことです。

でも客観的に書くのが仕事だったからと言われて納得、編集者の特徴を知ることができました。

毎回のスライドはとても分かりやすく、ただつらつら書くのではなく全体の構成や相手に伝わる表現方法などワークを交えて体感させてくださったこと、みんなとシェアできたことはとてもいい学びの体験の場でした。

また、参加者はそれぞれ異なった専門分野もしくは今後していきたいことがあり、新たな領域に触れることができたのも良い体験でした。

参加前だったか参加中だったか、ミカさんの講座生には想いが深い人が多い(←違う言葉でしたが出てこないので代用。でもしっくりくる言葉でした)と教えて下さって嬉しかったのを覚えていますが、どうしてそうなるのかなーと考えるとミカさんの文章に魅かれた人が集まりただ引き寄せとしか思えないのですが、そういった方々と共に学べたこと、しかも西海岸からオセアニアまで異なる国から同時受講なんて本当に自慢できる講座でした。

更に私は土曜が都合が悪いことが複数回ありフォロー会に振り替えて頂きましたが、そちらの受講生さんたちとも関われて得した気分でおります。

ミカさんが私の特徴や書いていることから下さる感想や 「美帆さんのご経験からくる言葉は多くの人を救うはずです」 の言葉、とっても嬉しかったです!!

結局きちんとブログを書くには至れませんでしたが、ミカさんが厳しい人で指摘されていたら顔を合わせられず、動画受講だけしてフォロー参加は理由をつけてパスしていたかもしれません。

開講される側も学びを勧めない受講生がいるとモチベーションが下がることを考えると非常に申し訳なさもあるのですが、寛容な心で私たちを見守ってそっと背中を押すような言動でサポートして下さり本当にありがとうございました。

<讃井 美帆様>