文章の「黒い・白い」を調整して読者に与える印象を変えよう

こんにちは。ミカ( @mica_clip )です。

クライアントの依頼通り、もしくはそれ以上に記事を仕上げるのがライターの仕事。

記事を書き始める前にライターがやるべき4つの事前準備のステップ1でご紹介したように、記事を作成する際には、掲載されるメディアによって文章のトンマナも意識しなければなりません。

いろいろな要素がありますが、「漢字使用率」も記事が読者に与える印象を左右する一つのカギとなります。

「黒い」「白い」ってなんのこと?

先日、とあるご相談者さまが書いた記事を拝見していました。

すでにお仕事をスタートされていて、実際にクライアントへ提出するものをチェックして欲しいとご連絡いただいたんです。

パッと読んですぐに思ったことが「ちょっと黒いな」でした。

ライター業界では、 「黒い」=漢字が多い
「白い」=ひらがな・カタカナが多い
と表現します。

次の二つを読み比べてみてください。

***

(1)先週末、私は友達と食事へ出掛けました。レストランは混雑していましたが、1時間程待つと入店できました。

(2)先週末、わたしは友だちとランチへ出かけました。レストランは混んでいましたが、1時間ほど待つと入店できました。

***

(2)の文章のほうが読みやすく感じませんか?

具体的には、

私→わたし
友達→友だち
食事→ランチ
出掛けました→出かけました
混雑して→混んで
程→ほど

に修正することで漢字を減らして、文章がやわらかい印象になるように心がけました。

漢字使用率の目安は?

文章の中にどれぐらい漢字が含まれているかというのを表す指標が「漢字使用率」です。

目安は、記事が掲載される媒体によりますが、一般的に「20〜30%」。多くても40%ぐらいが限界です。

ちなみに前述した例の漢字使用率は、(1)36% (2)20%です。

漢字使用率は、30〜40代の男性をターゲットにした金融や医療など難しい専門用語が出てくるサイトなら高めですし、10〜20代の女性をターゲットにした恋愛やファッションなど生活・娯楽系のサイトなら低めになります。

いずれにせよ、執筆するサイトが決まったら他のライターさんが書いた記事を読んでみると目安が分かると思います。また、クライアントに直接質問してみるのもいいです。

全体的に漢字使用率は「低め」がいい

最近は特にスマホから記事を読むひとが多いので、記事を開いたとき必要以上に漢字が多いと難しい印象を与えてしまいます。

書いたものを遠目で読んで「黒い」と感じたら、どこかひらがなやカタカナに変換できないかチェックしてみてください。

読みやすさが格段にアップしますよ。

その他、ライターに関する記事はこちらから。
★ライター虎の巻
★ライティングのコツ

無料小冊子「Webライターはじめかたガイド」

Webライターを始めるにあたって
必要な情報を盛り込んだ無料小冊子
「Webライターはじめかたガイド」
プレゼント中!

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

執筆時間を短くするコツは「思考の書き出し」と「構成づくり」

伝えたいことを詰め込みすぎてない?「胸やけ記事」に要注意

ブログ記事やライター原稿を早く書く8つのコツ

大先輩ライターが教えてくれた記事の書き方で意識したい3つのこ...