記事を書き始める前にWebライターがやるべき4つの事前準備

お仕事を受注したら「さぁ、書こう!」とすぐに文章作成に取りかかっていませんか?

もしそうであれば、注意が必要。

途中で筆が止まってまとまりのない記事なったり、クライアントからやり直し指示をもらう可能性が高いです。

記事を書き始める前には、いくつか事前準備が必要。このステップをしっかり踏むことで、記事のクオリティも書くスピードも格段と上がりますよ!

ステップ①トンマナを把握する

トンマナとは、トーン&マナーの略語でメディアに一貫性を持たせるために使われます。クライアントが運営しているメディアをまずは読み込んでみましょう。どんな印象を受けますか?

一般的に、医薬品メディアなら理路整然とした少し硬めの文章が好まれますし、美容メディアなら親しみやすい砕けた文章が好まれます(もちろんメディアによって異なります)。

企業が運営しているメディアであれば、あらかじめマニュアルを用意しているケースが多いですが、個人でやっているメディアであれば自分で汲み取らなければならないことがほとんどです。

最初のうちはミスマッチのないように、不安であればどのような文体で書けばいいのか直接質問してみてくださいね。ちなみにメディアによっては「Webライターの個性を出す」という場合もあります。

ステップ②ターゲットを明確にする

まずは、どんなターゲットに向けての記事なのか正確に理解しましょう。

メディア全体でターゲットを統一しているケースもあれば、記事ごとに設定するケースもあります。

たとえばコスメのPR記事の場合、ターゲットは主に女性です。エイジングケアアイテムなら30代以降だと想定できます。

30代以降の女性の悩みを徹底的に考え、どのように商品をPRすれば購入につながるのかを意識しなければなりません。

読者は、記事のターゲットが自分ではないと判断するとページを閉じてしまいます。

最初のうちは自分の年齢や思考に近いターゲットに向けた記事をたくさん書くと練習になります。慣れてきたら自分とはまったく違うタイプのターゲットに向けた記事を書いていくと、より表現の幅が広がりますよ。

ステップ③情報収集に時間をかける

Webライターが記事を書く上で重要なのが情報収集です。

記事の作成に30分かけるなら、情報収集には1時間かけるくらいの気持ちで挑んでおけばいいでしょう。

Web記事の中には間違った情報を羅列しているものもたくさんありますが、プロとしてお金をもらっている以上そんな中途半端な仕事はしたくないですよね。

記事に必要な情報を集めていくうちに、分からないことが出てきたら説明を追記するなど工夫して不明瞭なままにしないようにしっかり情報を記載してください。

別のサイトから引用した場合は出典元を表記する必要があります。表記ルールについてはクライアントに確認してくださいね。

参考にしたサイトの情報自体が間違っていないか確認する作業を怠らないようにしましょう。

ステップ④記事の構成案を考える

最初から文章を書いていくよりも、まずは構成を考えると書きやすいです。概要を表すタイトルを決めたら、大見出しをいくつか作成します。

その後、より詳細に説明するために必要な小見出しを作っていきます。

見出しとは文章をブロックごとに分けたときの小さなタイトルだと思ってください。そのブロックに何が書かれているのか、読むことでどんな情報を得ることができるのかを提示するものです。

大見出し、小見出しがきちんと設定されている記事は、ただ文章を羅列しただけの記事よりもはるかに読みやすくなります。

また、構成をきちんと整えてから文章を書くことで記事完成までの時間をグンと早められます。

まとめ

以上、最初に4つのステップを踏んでから本文を書く作業に入ります。

しっかり設計しておくことでクライアントからの信頼もアップしますので、ぜひ心得ておいてくださいね♪

↓Webライター関連の記事はこちら↓

無料小冊子「Webライターはじめかたガイド」

Webライターを始めるにあたって
必要な情報を盛り込んだ無料小冊子
「Webライターはじめかたガイド」
プレゼント中!

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

Webライターに資格は必要?おすすめの検定講座もご紹介

Webライターのアルバイトってある?業務委託との違いも解説!

Webライターって稼げるの?収入アップに必要なポイント

Webライターへいざ転職!未経験でも採用されるために大切なこ...

文章を書くことが好き!趣味でやるべきか仕事にするべきか

Webライターならおさえておきたい読みやすい記事にするポイン...