伝えたいことを詰め込みすぎてない?「胸やけ記事」に要注意

せっかく丁寧に時間をかけて書いたのに、なんだか読みづらい、わかりにくい記事になってしまった…という経験はありませんか?

スッキリ修正したいものの、どこから手をつけたらいいかわからないという状態。

言いたいことがたくさんあって、ついつい長文に。あっちの情報もこっちの情報も入れたい。

情報量が多くて煩雑になってしまっている記事を、わたしは「胸やけ記事」と呼んでいます。

わかりにくい文章を作る要因

世の中に出ているニュース記事やブログ記事の中にもありますよね。

長文をがんばって最後まで読んでみたけど「ん?情報量は多かったけど、結局なにが言いたかったんだ?」と考え込んでしまうような…。

余分なものを含む、適正量以上の文章を取り込んでしまった感覚。

たとえば、読みづらい、わかりにくい文章には以下のような要因が絡んでいます。

・一つの記事に複数のテーマが混在
・文章内の論理が破綻している
・難しい漢字や専門用語ばかり使用
・改行が少なく文字が詰まりすぎ

などなど。

言い回しや余白については簡単に修正できる場合が多いですが、テーマの混在や論理の破綻は根っこから作り直さなければならないので、厄介です。

まずは1記事1テーマを徹底

前述した要因の中でも、一番文章を複雑にしているのが「一つの記事に複数のテーマが混在している」というもの。

基本は、1記事1テーマ

テーマがしっかり一つに定められているかどうかは、まず仮タイトルを考えてみるとわかりやすいです。「この記事では何を伝えたいのか?」がハッキリしていないと、あやふやなタイトルしか浮かんできません

事前準備をせずにスタートすると、考えながら書いていくため思いつきになってしまう。

やっぱりここでも、今から書こうとしていることを紙に書き出し、整理整頓、構成を作ってから始めることが大切。以下の記事を参考にしてみてくださいね。

執筆時間を短くするコツは「思考の書き出し」と「構成づくり」

ますます求められる「読みやすさ」

ここ近年は、スマホからの閲覧が急増したこともあり、よりいっそう読み手への負担減が求められています。

一昔前はSEOの観点から長文がいいとされていましたが、ここ最近では記事の趣旨と異なる内容を含んでいると「水増し目的」という判断を受けるほどに、記事のクオリティの高さが求められています。

読み直したときに、ごちゃごちゃしている印象を受けたらいくつかのテーマが混在している可能性大!

もう一度自分の思考をまとめ直してみて、二つ以上の記事に分けられないかどうか、考えてみてくださいね。

Related Entry

読者への印象を変える文章の「黒い・白い」とは?

お仕事に関する記事やブログを早く書く8つのコツ

執筆時間を短くするコツは「思考の書き出し」と「構成づくり」