読みやすい文章に必要なのは「主観性」と「客観性」のバランス

とある駆け出し起業家さんのライティング添削を行った時のこと。

ご自身でビジネスをされている方なのですが、仕事につなげるためにも、女性向けのWebサイトでコラムを書きたいそうで「書いた文章を見てくれませんか?」とご依頼をいただきました。

有名な方だったら企業側から声をかけられますが、多くの場合、Webサイトの執筆は応募したらテスト記事の提出から始まります。与えられたお題に沿って、実際に文章を書く作業です。

いざ原稿を読んでみたところ、何かが引っかかりました。違和感の原因はなんだろう…何度も何度も繰り返し読んでみて、ようやく気付きました。

「主観性が強すぎる文章」だからだ!と。

思いが強すぎる文章は要注意

取り扱うテーマへの思いが強すぎるゆえに発生してしまう、これを文章中に出てくる「愛の石ころ」とこっそり呼んでいます。

「私は、、、」

という主語を多用して熱弁し過ぎると、読んでいる側は自分との温度差にびっくりして、つまずいちゃうんです。

結果として、読み進められない。

もちろん、そういう「思いの強さ」が必要な文章もあります。

けれど、この方の場合はWebサイトへの応募記事だったし、決して有名な作家さんやビジネスパーソンじゃないので、「私は、、、」を多用したところで「誰???」となってしまうんです。

主観性と客観性を足し引きする

こういうときに求められるのは「客観性を取り入れた文章」です。取り扱うテーマを、情報を、いかに冷静に分析して書けるか。

そして、長年文章を書くことに携わってきて個人的に痛感している真実があります。

主観性が強まれば強まるほど、文章を書くのに時間がかかる

ということ。

ちょっと抽象的なので補足すると。

つまり、情報は情報としてテキパキまとめたらもっと速く書けるのに、そこにひとつひとつ思いを込めようとするから時間がかかってしまうんです。

ズバリ言ってしまうと、愛や魂を込めなくてもいい文章だってある。

特に、ある特定ジャンルをテーマとしている起業家さんは、

・愛や魂を込める文章
・愛や魂を込めない文章

の書き分けを意識できると、アウトプット量がどんどん増えると思います。

 

ブログや発信が続くマインドを整える!
コツやヒントをメルマガでお届けしています。

メルマガ登録はこちら

Related Entry

動画やLIVEの時代になぜブログをやったほうがいいのか?

ブログが続かないのは「書く筋力」が足りないせいかも?

「ままならなさ」を見つめることは、書くエネルギーになる