モヤモヤしてブログやメルマガが書けないときにまずやること

自分の精神状態は、自然と言葉や文章へ反映されるものです。ブログやメルマガに使う表現が変わってくるし、モヤモヤした状態だとなかなか書くことすらままなりません。

でも、いくら精神的に健康でありたいと思っていても、人間はいつでも聖人君子でいられるわけじゃない。

ぐずぐずの時もカリカリの時もあります。私もしょっちゅうです。でも、普段からライティングの機会が多いのでコントロールする必要があります。

そういうときにどうすればいいか?
私自身が取り入れていて効果あるかも!と思った方法をご紹介しますね。

やり方は簡単。1日の始まりに、紙のノートに向かっていま心にあるすべての感情をババ〜っと書き出す。体裁なんて考えず。たったこれだけです。

この方法は、アメリカ生まれの作家ジュリア・キャメロンさんが書いた『ずっとやりたかったことを、やりなさい』という書籍で紹介されていて、「モーニングノート」と呼ばれています。

形の見えないモヤモヤをいったん自分の外側に出すことによって、創造性が回復するそうなんですよ。

自分自身を瑞々しく開花させる、と言い換えてもいいかもしれません。

この本では毎日3ページを推奨しています。ノートは何でもOK。

書いて書いて書き続けることにより、心の奥底に閉じ込めていた本当の気持ちに気付けたりするそうです。

実際に試した方の言葉をお借りすると「脳の排水」「脳内の老廃物処理」だと仰っていました。実際にやっている身としてはその通りです。

本来は必ず3ページらしいですが、私はその辺りは臨機応変に捉えていて、心が不健康だと感じたときに必ず書いています。

振り返ると週に1回はノートを開いておりそのぐらいのインターバルで心が不健康になっているようです(笑)

大きなモヤモヤじゃなく、小さなトゲだとしてもそのたびに抜いたほうがいいですしね。

こちらの本、対象は50〜60代の方らしいのですが、読んだ印象としては大人全員におすすめ。

「いくつになっても創造性を高めていい』
「何かを始めるのに年齢なんて関係ない」

そんなメッセージが詰まっているのでむくむくやる気が湧いてきます。もしよかったら手に取ってみて下さい。

いったん心の中にある不純物を吐き出してからブログやメルマガを書くと、文章にのる魂のようなものがきっと変わるんだと思います。

Related Entry

動画やLIVEの時代になぜブログをやったほうがいいのか?

誰かのブログやSNSを「羨ましい」と感じたときに唱える言葉

ブログ・SNSのコンテンツやネタは誰かとの対話から生まれる

どんなに文章が上手でも一瞬で「不合格ライター」になる人

あなたの言葉や文章を待つ「誰か」のために

ブログが続かないのは「書く筋力」が足りないせいかも?