現役Webライターおすすめのクラウドソーシングサイト!特徴を解説

Webライターになりたい!と思っても、最初はどのように仕事を見つけたらいいのかわからないですよね。

わたしはWebライターとして働くにあたり、まず取っ掛かりとしてクラウドソーシングサイトの利用をおすすめしています。

クラウドソーシングとはWebライターとメディアを運営している個人や企業をマッチングしてくれるサービスのこと。

運営企業によってサイトの魅力はそれぞれ異なります。今記事では、実際にWebライターが仕事探しに使っているサイトやアプリの特徴をメリット・デメリットに分けてまとめてみました。

日本最大級規模の「ランサーズ」

在宅ワークで収入を得たい人の多くが利用している 「ランサーズ」 。Webライターを目指している方なら、一度は名前を聞いたことがあるかもしれません。

ランサーズは140万件以上もの案件があり、これまでに総額1130億円という依頼実績を持っています。

Webライターだけでなくエンジニア、デザイナー向けの案件も多いことも特徴。

登録は無料でできるので、とりあえず登録してみてどんな仕事があるのかチェックしてみてください。

特別なスキルを必要としない簡単な案件もたくさんありますので、Webライター初心者の方にもおすすめです。

>>「ランサーズ」公式サイト<<

メリット

ランサーズを使うメリットはなんと言っても知名度の高さと案件の多さ

仕事の依頼、受注、報酬の支払いもランサーズを介して行われるので安心。よっぽどの不手際がない限り、報酬を引き下げられるということもありません。

簡単な案件から、専門知識を必要とする高収入な案件まで多種多様に揃っているので、自分のレベルに合わせて仕事を選べます

デメリット

ランサーズのデメリットは、案件の数が多すぎて自分にぴったりの仕事を見つけにくいこと。同じような案件も多く、自分が何が得意かわからない状態だと、どれを選べばいいのやら……とムダに悩んでしまう可能性も。

また、ランサーズでは仕事内容などに応じて5%から20%の手数料が差し引かれてしまいます。

多くの場合、提示金額から20%は手数料として引かれるので、あらかじめ計算しておく必要があります。

正社員求人も多い「クラウドワークス」

クラウドソーシングサイトの中でランサーズに次いで人気なのが「クラウドワークス」です。

クラウドワークスは個人と企業、また個人と個人の仕事依頼と受注を引き合わせてくれますが、最近では正社員の斡旋なども積極的に行っています。

ユーザー数は183万人、仕事案件は177万件と豊富。

仕事内容はライティングの他、簡単な入力作業やデザイン業務など多岐に渡ります。

プロジェクト形式、コンペ形式、タスク形式など仕事形式も豊富で、自分にぴったりの働き方を見つけられます。

>>「クラウドワークス」の公式サイト<<

 

メリット

クラウドワークスのメリットとしては、ランサーズと同じく豊富な案件の中から仕事を選べるという点

また、スマホ用のアプリがあるので、パソコンを開かなくても、片手で仕事を探せます。

サイト自体もすっきりしていて見やすく、webライター初心者でもスムーズに自分に見合う仕事を見つけられます。

手数料に関しては10万円以下の案件は20%ですが、10万円以上の案件は10%、20万円以上の案件になると5%と引き下げられる特徴があります。

デメリット

クラウドワークスのデメリットとしては、単価の安い仕事が多い傾向にあること。

簡単な作業案件が多い分、一つ一つの単価も低くなってしまいます。

Webライター初心者の方なら腕慣らしにいいかもしれませんが、本業としてしっかり稼ぎたいならクラウドワークスは不向きかもしれません。

もちろん案件の中には高単価な仕事もありますので、使いこなすことができれば十分に収入につなげることはできるでしょう。

高単価案件が狙える「サグーワークス」

「サグーワークス」は、ライティングやアンケートの案件だけに絞ると国内最大数の案件を誇っています。

スキマ時間を使う主婦、本業と両立する会社員、ライター1本でやっているフリーランスと、幅広い利用者をターゲットとしています。

報酬はポイント制度となっており、1ポイント=1円で現金やAmazonギフト券に交換できます。

>>「サグーワークス」の公式サイト<<

 

メリット

レギュラー、ゴールド、プラチナというステージが設けられており、自分のレベルに合った案件を探しやすいです。

上級者のプラチナライターになるには試験を受ける必要があり、無事合格すれば1文字1円以上の高単価案件を受けることが可能に。

また不合格の場合もどこをどう改善すればいいのか指摘してくれるので、Webライターとしても勉強になります。

合格率は数%と低め。しかし1文字1円以上は業界最高水準の単価であり、レギュラーや実績を積まずとも試験は受けられるので、すでにWebライターとして活動している人にもおすすめです。

デメリット

案件ページから選んだお題をについて記事を書き、承認されるとポイントが与えられます。しかしときどき不条理な理由で「非承認」と判定されてしまうことがあり、いわゆる「書き損」になってしまうことも。

また、クラウドソーシングサイトとしては後発なので時期によっては案件が少ないことがあります。

自らスキルをアピールする「ココナラ」

「ココナラ」は、「みんなの得意を売り買い」をテーマに、ライティング業務だけでなくイラスト作成、占い、音楽、翻訳など自分の得意なことを仕事につなげられるサービスです。

ランサーズやクラウドワークスと異なるのは、自ら得意分野を明示しておいて依頼者側が応募するという点です。

仕事がありすぎてどれがいいのか選べないという方は、ココナラを利用することで自分の得意なジャンルの仕事を集めるのも方法の一つです。

>>「ココナラ」公式サイト<<

 

メリット

ココナラは、1件500円からという破格の価格でサービスを売り買いできるのが特徴です。

まずはお試し価格でサービスを提供してファンを増やしつつ、信頼を得てから単価を上げていくこともできます。

また、サービスに満足した依頼主は継続して仕事を依頼をしてくれる傾向にあります。

専用アプリがあるので、スマホでのやり取りも簡単。また、売上をココナラ内で自由に使うことができる上、お得クーポンの配布も多いです。

デメリット

ココナラのデメリットは手数料が高いという点。売上の25%+消費税が差し引かれてしまいます。

最近、5万円以上の依頼は手数料が20%に、10万円以上の依頼は手数料が10%に引き下げられました。

また、1000円から振込依頼ができますが、売上が3000円以下の場合は振込手数料として160円が差し引かれます。

出品者、購入者ともに個人の方が多いので、中には非常識な人、途中で音信不通になってしまう人もいます。しかしそれなりの対策もしてあり、音信不通になった場合も報酬はきちんと支払われるので安心です。

まとめ

現役のWebライターが実際に使っている代表的なクラウドソーシングサイトをご紹介しました。

上記4件は、それぞれに違った特色があります。いくつか登録してみて、自分の使いやすいと感じるサイト、稼げると思ったサイトに絞って仕事を続けていくのがおすすめです♪

↓Webライター関連の記事はこちら↓

無料小冊子「Webライターはじめかたガイド」

Webライターを始めるにあたって
必要な情報を盛り込んだ無料小冊子
「Webライターはじめかたガイド」
プレゼント中!

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

本当にやりたいこと?Webライター志望者が最初につまずくポイ...

Webライターへいざ転職!未経験でも採用されるために大切なこ...

Webライターってどんな仕事?案件探しから終了まで流れを解説...

Webライターのアルバイトってある?業務委託との違いも解説!

在宅で働くWebライターが生活する中で気を付けている心がけ

安定して稼ぐWebライターになるには?身につけるべきスキル7...