フリーランス&ブログ作りにおすすめの手帳!2021年はコレ!

フリーランスや起業に欠かせないツールといえば手帳です。

毎年、年末近くになるとあーでもないこーでもないと悩んでいます。

ここ数年はずっと「マークス」というブランドの手帳を使っていて、2020年は初めて「ジブン手帳」にチェンジ。

マークスは外側も内側もデザインが多彩。"「人生を編集する」手帳 "そんなコンセプトも好きで、3〜4年は様々なタイプを使っていました。

online MARK'S 公式ページ

でも、もう少し長いスパン(1年以上)の計画も立てられるといいな、と3年単位のあれこれが書き込めるジブン手帳へ。

「ジブン手帳」公式ページ

かゆいところに手が届くような工夫されたページが良い!

でも、ジブン手帳はフリーページが少ないのが難点。そこで日記は別のノートに書いていました。2冊に分かれちゃうのがちょっと面倒くさい…。

出てくる、出てくる、「でも」。

手帳って、何を選んでも「惜しい!あとはこの機能があればいいのに!」なんて思いません?(私が欲張り過ぎるだけか…)

ちなみにフリーランス編集者の私が手帳に求めるのは以下の内容です。

・マンスリーページ
(全体の予定や仕事量を俯瞰して見る)

・ウィークリーページ:バーチカル
(締め切りや週単位のTODOを把握する)

・フリーページ ※ページ数多め
(気付きメモや簡単な日記を書く)

・ガントチャート
(ブログや学習を計画的に進める)

上記の中でも、ガントチャート付きの手帳がなかなか見つからない。

ガントチャートって、ご存知ですか???

プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いられる表の一種で、
作業計画を視覚的に表現するために用いられるもの、です。
(…Wikipediaより)

↓こんな感じの表で、だいたい縦軸が作業内容、横軸がカレンダーになっています。いい感じの画像がなくて分かりづらいけど…。

ジブン手帳にはデフォルトでついています。

このガントチャート、クライアントさんが複数いるフリーランス仕事に重宝するだけじゃなく、ブログ作りにも便利なんです!

私がブログを作る場合、最初におおよその計画を立てます。そのプランを元に進めながら日々の気付きや出来事で肉付けをするスタイルです。

だいたいこのぐらいの時期にこのぐらいの記事数を目指そう

みたいな目標(目安)を最初に決めるんですね。

自分の中でプロジェクト化しちゃうので工程表のガントチャートがぴったりなのです。モチベーション管理にもなります。計画的にブログを作りたい方にはとてもおすすめのツールです。

手帳の選び方って人それぞれで面白いですよね〜。

いろいろ調べた結果、2021年は「SUNNY手帳」に決めました!

「SUNNY手帳」公式ページ

マンスリーページ、ウィークリーページはもちろんのこと、一番気に入ったのは自由ページが141Pと大容量なこと!

手帳を使うついでに日記をたくさんかけるのは嬉しい♪

ただし、残念なのはガントチャートがない点…。さんざん熱弁しておきながら。

そこで、ガントチャートは専用ノートを別途購入。結局2冊になるのかと自分で突っ込まずにはいられない。手帳ジプシーは来年も続きそうです。

 

ブログや発信が続くマインドを整える!
コツやヒントをメルマガでお届けしています。

メルマガ登録はこちら

【無料小冊子】そのままの自分で叶える 強い発信力の作り方 <5つのステップ>

ブログやSNSの
「書けない・続かない」から卒業!

無料小冊子
そのままの自分で叶える
強い発信力の作り方
<5つのステップ>
プレゼント中

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

2021年・最先端の働き方「ハイブリッド型フリーランス」

起業して最初にやるべきは「ストック型コンテンツ」の構築だ