お客様は、あなたの何に引き寄せられるのか?

最近、一年半前に開催した3ヶ月実践講座の資料を見直していました。

月2回、全6回の講座。Zoomで受講生さんと顔を合わせながら、なんだかんだと喋って楽しい企画でした。もう一年経つのかと思うと驚きです。

当時、資料はCanvaのパワポスタイルで作っており、数えてみたらなんと282枚!!

結構なボリュームを喋っていたらしい…我ながらよく作ったな〜と思います。

現在、さらに分かりやすい形にするべく、再編集している最中です。この講座で伝えたいメッセージは何だろうと、改めて考えながら。

自分らしさとは一体なに?

時短ライティングにおいて、私はよく「自分らしさ」といった表現を使っています。

販売している動画講座もテーマは「オリジナリティ」ですし、サブタイトルにも〜自分らしくブログやSNSを続けるために〜と書いているんです。

では、発信における「自分らしさ」とは、一体なにを示すのでしょうか?

ありのままで書くこと?
素の状態をさらけ出すこと?

うん。それもありますね。文章には自然と人柄が出るものですし、発信は長期戦だから取り繕うとすぐに疲れてしまいます。

でも、私が思う、もっと大切にしたい自分らしさとは、

その方が持つ「美学」

なのですね。姿勢や信念とも言い換えられるかもしれません。

長い人生を過ごしてきて、

あなたにはどんな価値観が生まれたのでしょう?
あなたはこの世界で何を美しいと感じるのでしょう?
あなたの喜びは?悲しみは?
どういう風に感じて、どういう風に学ぶのでしょう?

おそらくこれらは、年齢を重ねるほどに研ぎ澄まされていくはずです。

すでにオリジナリティはある

そう、つまりは人生そのものがすでにオリジナリティ豊かなんですよね。これは間違いなく。

過去の出来事から感じたことや
何を選び、何を捨ててきたのか

そういったものを一つ一つ紐解いていくと、ご自身の美学が見えてくるはずです。

それを書いてほしいし、自覚するだけでも自然と文章に投影され、読む人にじんわり伝わる。

そして、あなたの美学に共鳴したとき、
自然とお客様が興味を持ってくださる。

そんなふうに思いました。

いま「わからない」「書けない」と思っていらっしゃる方も、大丈夫。これまで言語化してこなかっただけでちゃんと取り出せます。

そのためには、一定数の書く作業が必要。書きながら見つける方法もありますね。

私が過去にお話を聞いた限り、みなさん漏れなく全員お持ちです。最初はできなくて当然なので、少しずつ言葉にしていきましょう。

そうしているうちに、キラリと光るものが見つかりますよ♪

【無料小冊子】そのままの自分で叶える 強い発信力の作り方 <5つのステップ>

ブログやSNSの
「書けない・続かない」から卒業!

無料小冊子
そのままの自分で叶える
強い発信力の作り方
<5つのステップ>
プレゼント中

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

「ライティングできる人」のニーズが高まっている

ブログ、メルマガ、SNSを起業に使うなら締め切りを設けよう

フォロワーが1万人を超えた友人の話

SNSの食わず嫌いをやめようと思った

あの人はなぜ発信が続くのか?

学びを「消費」ではなく「投資」に変えていきたい