Webライターに資格は必要?おすすめの検定講座もご紹介

Webライターの実態が分からないと、資格を取るべきなんじゃないかとか、準備段階で迷いますよね。

そもそも資格を取らないとWebライターになれないのか?知識やスキルを磨くためにどんな勉強をしたらいいのか?という疑問にお答えするべく、Webライターにまつわる資格や検定講座についてまとめました♪

Webライターになるための資格はない

結論から言うと、Webライターになるために資格はいりません。

Webライターになりたいと思ったらいつでもなることができます。実績あるなしはともかく、名乗ればその日からWebライターデビューできます

しかし、資格を持っていることは時として有利に働きます。いきなり「初心者、未経験です」という人からの応募よりも「未経験ですが、資格はあります」「実績はないですが検定講座を受講しています」という方のほうが、Webライター募集をしているクライアントからすれば信頼感があります。

Webライターに役立つ検定講座

これがないとWebライターになれないという「免許」ではなく、あくまで勉強したことの証明やスキルアップの一つとして取り入れたいのが「検定講座」です。どんなものがあるのか、早速見ていきましょう。

WEBライティング能力検定

Webライターを目指す方にまずおすすめしたい資格がWebライティング能力検定。日本WEBライティング協会が主催しており、検定受験者数1000人を突破した検定試験です。

わかりやすく、的確な文章が書けるかどうかをチェックするもので、合格すればWebライターとしてハクがつくだけでなく就職や転職の際にも有利になります。

受験項目は「国語」「ウェブライティング」「コピーライティング」「メールライティング」「SEO」「倫理」「法律」「炎上対策」などがあり、Webライティングを行う上で必要なスキルを一通りチェックされます。

さらに「Webライティングに対する小論文」という項目もあります。これらの科目に対して点数がつき、1級から3級までが認定されます。

3級:一般的な事務仕事やライティングを行う上での最低限のスキル
2級:一般的な事務仕事、ライティング業務が十分に行えるスキル
1級:高度なライティング業務が可能なレベルのスキル

>>WEBライティング能力検定の詳細はこちら<<

WEBライティング技能検定

WEBライティング能力検定と似ていますが、WEBライティング技能検定は主催しているのが日本クラウドソーシング検定協会という団体です。

月に1回Web上で試験が行われており、WEBライティング能力検定よりも手軽に試験に挑むことが可能です。

試験内容は選択式・記述式の問題から構成されています。記述式の問題はテーマが与えられ、それに対する200文字から400文字のライティングを計4本行わなければなりません。

合格するとライティングスキルを証明できる他、勉強する中で書く力もつくので初心者にはおすすめです。

1級、2級といったレベルはなく合格、不合格のみの結果となっています。明確な合格点や基準は明らかにされていませんが、平均して半数以上が毎回合格しているようです。

あまり勉強に時間が取れないもけれど何か資格を持っておきたいという方は、こちらのWEBライティング技能検定がおすすめです。

>>WEBライティング技能検定の詳細はこちら<<

Webリテラシー試験

Webリテラシー試験は広告やサービス、モバイル、ゲーム、映像、音楽といったWebに関わる様々な人を対象にした資格制度。

Webライティングの仕事は様々ありますが、クライアントが提示するテーマ、希望する内容をしっかり理解、解釈しなければとんちんかんな内容になってしまいます。

それを防ぐのがWebリテラシー試験。仕事を行う上で最低限必要な知識を身に付けることができ、クライアントとのコミュニケーションエラーを減らせるようになります。

試験はWeb上で行われ90分で85問の質問に答えていきます。全体の70%以上に正解すると合格となります。

Web系の検定の中でも比較的簡単な問題ばかりですので、受けておいて損はないでしょう。Webリテラシーの他にもWebデザイン、Webディレクション、Webプロデュースという試験もあります。

受験料が10,000円で、資格の有効期限は2年間。公式テキストが販売されており、一冊購入しておけば今後Webライターとして活動する上でも資料として役立ちますよ。

>>Webリテラシー試験の詳細はこちら<<

ビジネス著作権検定

Webで仕事を行う上でとくに注意しなければならない著作権問題。近年はこの著作権に対する考え方が曖昧になっているWebライターが多く、本人も気付かないうちに著作権を侵害してしまうと事態も増えています。

ビジネス著作権検定では、著作権の基礎、ビジネスにおける著作権の理解度をチェックすることができるので「うっかり」という事態を防ぐことが可能に。

BASIC、初級、上級の3段階にわかれており、合格者には認定証が送られます。

著作権について法律的な観点からしっかり学ぶことができるので、知識に対して不安な点がある方は一通り勉強していると安心です。

初級はマークシート式で60分30問。65%以上の正解で合格となります。

BASICなら10時間程度の学習で合格することができるという手軽さも人気の理由の一つです。

>>ビジネス著作権検定の詳細はこちら<<

文章読解・作成能力検定

日本漢字能力検定協会が主催する文章読解・作成能力検定。論理的でわかりやすい文章を書けるかどうかを判断するものです。

自分の伝えたいことが相手に正しく伝わっているのか、きちんと相手とコミュニケーションを取れているのかを確認することができます。

Webライターとしての能力よりもまずは正しい文章が書けるようになりたい、自分の文章力を試してみたいとお考えの方におすすめの検定です。

文章読解・作成能力検定は4級、3級、準2級、2級があります。Webライターとしての実力を身につけたいなら、準2級か2級程度の高度なレベルの試験に合格する必要があります。

すべて200点満点中70%程度の正解率で合格となりますので少し勉強に時間はかかるかもしれませんが、基礎から学びたい方にとっては有意義な時間となりそうです。

>>文章読解・作成能力検定の詳細はこちら<<

ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナーは一見Webライターとは無関係のように見えますが、今後長くWebライターとして活躍したいのなら持っておいて損はない資格です。

ファイナンシャル・プランナーとはお金の専門家のこと。不動産や保険、税金など、暮らしに関わるお金について総括的かつ体系的な知識を深めていきます。

お金に関する悩みはたくさんあるものの、どのように解決すればいいのかわからないという人は多いです。読者からのニーズはあるのに、詳しく記事を書けるWebライターが少ないのが現状。

お金に分野に詳しくなれば高単価の案件を受注することも期待できます。勉強内容は簡単ではないですが、資格を取得することで専門知識のあるWebライターとして活躍するチャンスです。

>>ファイナンシャル・プランナーの詳細はこちら<<

まとめ

ご紹介した検定講座の中には、少し集中して勉強するだけで合格できるものも多くあります。

何も武器を持たないままWebライターにチャレンジするのは怖いという方は、力試しの意味合いも込めてチャレンジしてみてくださいね♪

↓Webライター関連の記事はこちら↓

Related Entry

現役Webライターおすすめのクラウドソーシングサイト!特徴を...

Webライターって稼げるの?収入アップに必要なポイント

在宅で働くWebライターが生活する中で気を付けている心がけ

Webライターの確定申告!どこからどこまで経費にできる?

副業を始めるにはWebライターがおすすめだと思う5つの理由

本当にやりたいこと?Webライター志望者が最初につまずくポイ...