在宅で働くライターが生活する中で気を付けている心がけ

こんにちは。さかもとみか( @mica_clip )です。

本業や主婦業と両立できる「在宅ワーク」の一つとしてライターという選択肢にたどり着いた人も多いと思います。

わたしはこれまでさまざまな形でメディア作りに関わる仕事をしてきましたが、一年間ライターのみ(+主婦業)という時期がありました。

企業に拘束されない分、一定の仕事量をこなすためにはたくさんのことを意識する必要があります。

今記事では、在宅で働くライターはどのような点に気を付けながら過ごしているのか実態をまとめてみました。

1日あたりの労働時間を決める

ライターは、好きな時間に好きな場所で好きなだけ仕事ができるというメリットがあります。

しかし、逆に言えばその日に仕事をやるもやらないも自由なので、怠惰な時間を過ごさないように自分でモチベーションを上げる必要があります。

集中力はどれぐらい持つのか、何文字ぐらいなら一度に書けるのか、自分の能力を把握することが大事。

一般的に集中が継続しやすい時間は60〜90分と言われています。高校や大学の授業がそうですよね。60〜90分を一コマとして、休憩を挟みつつ取り組むのはおすすめの方法です。

少し余裕を持った労働時間を設定しておくのがポイント。

俯瞰してスケジュールを組む

会社員と違って、ライターは仕事量を自分でコントロールしなければなりません。

お仕事をいただいたら、納品モレがないようにしっかりスケジュールを組み立てていきます。

納期が短いものから先に手をつける、難しい案件はリサーチ時間を多めに取るなど、事前に頭の中で仕事内容をシミュレーションするのです。

エクセルのような表タイプのシートで一覧にしておくと便利。

スケジュールは一度組んで終わりではなく、仕事が増えるたびに更新する必要があります。

何をどれだけ進めたか、進捗状況がすぐにわかるようにしておきます。

意識的に休日を設定する

ライターには「休日」という概念がないので、気付けば働き詰めだったということも多々あります。

意識的に休日を作るようにします。友人と遊ぶ、買い物に出かける、スポーツをすする……息抜きも仕事のうちでリフレッシュするとまた筆も進むし、時には仕事のヒントを得ることも。

スケジュールを設計した時点で、休日には極力仕事を入れないようにブロックしておきます。

一ヶ月の収入目安を決める

ライターの仕事は毎月安定しているわけではありません。月によって収入にバラつきがあることがほとんどです。

一定の水準で生活を送りたいなら、毎月の収入目安を決めてそれに近づける努力をしなければなりません。

同じように仕事をしていても、なぜか仕事が決まりやすい時期と決まりにくい時期があります。

または、月によってなるべく稼ぎたい時期、稼がなくていい時期とメリハリをつけるやり方もあります。

月末まではたっぷり働き、最後の一週間でまとめて休みを取って旅行に出かけるというのもいいですね。自由にアレンジできるのはライターの特権です。

インプットの時間を意識する

ライターとして働いていると、うっかりお仕事をこなすだけの毎日になりがちです。

書くことと同じぐらい大切なのがインプット。休日同様、意識的に時間を作らなければなりません。

ある専門分野について書籍を読んだり、話題のドラマや映画をみたり。時間の使い方、お金の使い方について改めて見直してみるのもいいですね。

何を学ぼうか考え中の人には、ライターをする上で欠かせないSEOについて詳しくなるのがおすすめ。

最新のSEO知識を取り入れたライティングは、クライアントから求められるスキルの一つです。

メンタルや健康を管理する

ライターはパソコン一台でできる仕事なので、気をつけたいのが運動不足やコミュニケーション不足の問題

うっかりしていると、自宅から一歩も出ない日、誰とも喋っていない日が何日も続くという状態に!

ずっと座りっぱなしになることが多いので、散歩する、ジムに通うなど自ら運動する機会を作らないと体が毒されていきます。

脳を活性化させるには、一日最低でも3人と会話する必要があるそうです。人と接することで、リフレッシュできるだけでなく、最新のトレンドや情報を仕入れられることもあるので、結果的に仕事に還元できます。

まとめ

一見自由度が高いように見えるライターのお仕事ですが、管理も責任も自分にあります。

余談ですが、わたしは一年ライターだけをやってみて組織で働くことのメリットを痛感しました(その後パートタイムとダブルワークすることに……)。

参考になれば嬉しいです。

その他、ライターに関する記事はこちらから。
★ライター虎の巻
★ライティングのコツ

無料小冊子「Webライターはじめかたガイド」

Webライターを始めるにあたって
必要な情報を盛り込んだ無料小冊子
「Webライターはじめかたガイド」
プレゼント中!

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

ライターの確定申告!どこからどこまで経費にできる?

文章を書くことが好き!ライターになるべきかブログをやるべきか

本当にやりたいこと?ライター志望者が最初にぶつかる壁

ライター仕事の探しかた!自分に合った求人に出会えるサイト4つ

未経験からライターデビューするためにおすすめの資格・検定・講...

ライターのアルバイトってある?業務委託との違いも解説!