未経験でも採用の可能性はある!フリーランスのライターになる方法

こんにちは。さかもとみか( @mica_clip )です。

これからは個人の時代が来ると言われていることや、企業が副業を解禁する流れがきていることから「ライターをやってみたい」と思う人が増えているようです。

誰でも始められるライターという仕事。だからこそ実情がわかりにくいし、どうやってスタートしたらいいかもわからない

今記事では、これからやってみたいと考えている方に向けて、ライターになる方法や仕事内容について、具体的にご紹介していきます。

ライターの仕事とは?

ライターの仕事とは、ざっくり言うと企業や個人が運営するメディアの記事を書くことです。

ライターが書いた記事によって、メディアの認知度が上がったり、サービスが世の中に知れ渡ったり、販売している製品が売れたり、仕事を依頼した企業にメリット(売上)をもたらすことが使命となります。

読者にとって有益な情報をたくさん提供することで企業価値を上げていくことが目的となるので、ライターにまず求められるのは「クライアントの依頼通りに記事を書く」です。

一段上がるには、ライター側の視点から提案も求められますが、最初のうちはあまり難しく考えなくてもいいと思います。

文字数や報酬については、クライアントや書くジャンル、内容によってさまざま。

仕事の探し方や執筆する内容については以下の記事を参考にどうぞ。

ライター初心者の仕事の探し方!どんなサイトや案件を選ぶ?

ライターになる方法

ライターとしてキャリアをスタートさせている人は、基本的に二つのパターンに分かれます。

編集部に入ってから独立する

出版社や編集プロダクションに社員やアルバイトとして入社。編集部側のイロハを学んだり実際にライターとして記事を書いたりして、スキルを習得した後に独立するパターンです。

企業に入るのは大がかりなものですが、基礎力を身に付けるには最適な環境。ある程度人脈ができてからフリーランスに移行するので、在籍していた編集部からお仕事をいただけるなどメリットも大きいです。

最近はオウンドメディア(オリジナルのWeb媒体)を持つ企業が増加中。間口は広がっているように感じます。

新卒よりも中途採用が多い、正社員より契約社員やアルバイトが多い、という傾向にあります(一方クラアント側になる編集者は比較的正社員が多いです)。

本気でライターとして食べていきたい!というような人は、一度クライアント側になってみると良い経験になります。依頼意図を汲む力が全然違ってくるので。

最初からライターと名乗ってしまう

ライターは医者や弁護士と違って特に資格が必要とされるわけではないので、特に経験がなくても、ライターと名乗ってしまうのも選択肢の一つです。

ただし自分でスキルを高めて仕事を取る意志と覚悟が必要。

具体的には、クラウドソーシングサイトを利用して仕事の実績を積み上げていきます。直接、企業が公開しているライター募集に応募をしてもいいのですが、実績がないと採用されるのは難しいかもしれません。

ただし、未経験でも特殊な分野に強いと採用される可能性が高くなる傾向にあります。

未経験でも採用されるには?

これまでライターの世界とは無縁だったけれど、始められるのか?お仕事をもらうことができるのか?不安ですよね。

結論から言えば、未経験でも採用される可能性はあります。

前職でまったく違う職種に就いていた会社員や、何年もの間子育てに専念していた主婦など、一見ライターとは関係ない経歴を持っている人が一概に不利になるとはいえません

採用されるコツは、仕事内容と過去の経歴をマッチングさせること

たとえば販売員として働いていたとしたら、お客さんの心を開くコミュニケーション術がインタビュー場面に活かせるし、子育てをがんばっているお母さんであれば効率的に物事を進める時間管理術が活かせます。

ライター以外の経験があるからこそ書ける文章というものが必ずあるはずですし、うまくクライアントにアピールできると採用の確率がグンと高まります。

求められる素質

未経験でも採用されるには、いくつか求められる素質があります。 わたしは編集者時代にライター採用も行なっていました。 たくさんの応募者とやり取りした経験を振り返って見て。経験がなくても応募書類や面接で次のようなポテンシャルが伝わってきたら「一緒にお仕事してみたい」と感じていましたね。

ライター業への熱意

当たり前と言えば当たり前ですが、何がなんでもライターをやりたい!という熱意が伝わってくると、未経験の人でも一緒に仕事がしたくなります。

しかし「ライターに興味がある」だけでは募集している会社ならどこでもいいのではないかという印象を持たれてしまいがち。

なぜ志望しているのか、たとえば運営メディアに強い関心がある、自分の専門分野に長けているなど、具体的に伝えられると印象がアップします。

文章を書く習慣の有無

ライターとして長く働いていくには、単純に文章を書くのが好きというのも大事なポイント。個人的には「得意」じゃなくてもいいと思っています。スピードや正確性など技術はやっていくうちに身につくものだと思うので。

仕事と割り切ったとしても1日に何千・何万字もひたすら文章を書き続けるのは、かなりの労力を使うため好きじゃないと難しいなと感じます。

尊敬している書き手など具体的に名前をあげられることができれば、採用する側もイメージが湧きやすいです。

実際に過去にライターとしての経験がない場合でも、日記やブログをつけているとかプライベートで文章を書いていることをアピールしてみてください。

特定分野への愛や知識

ライターとしての求人を出しているメディア会社の中には、専門分野に特化しているところもあります。

美容系、医療系、機械系、法律系……。

オールジャンルさまざまな記事を書けることも魅力的ではありますが、特定分野への知識や経験が豊富なことはかなり戦力になります。

たとえば応募した会社の製品を利用しているのなら、それに関しての基本的な情報を知っていることはもちろん、他社の製品との使い心地の比較ができるなどプラスαの情報を提供できると魅力的に映ります。

俯瞰的かつ客観的な視点

ライターの仕事は、ただ文章をまとめて書けばいいのではありません。

読者に正確な情報をわかりやすく届けることが大切です。

普段から日記やブログを書いていて自分は文章を書ける!と思っていても、ライターに必要なスキルはまた違っていて、主観的ではなく客観的な意見が必要です。それには俯瞰的に物事を見る能力が必要となります。

また、一つの出来事に対して冷静な判断ができるかどうかが合否の判断基準になることも。

履歴書の自己紹介の欄一つを見ても、感情が入りすぎていないか、自分の能力を客観的に判断した文章が書けているか確認しておくといいですよ。

臨機応変な対応力

記事を納品すれば完了というわけではなく、クライアントからは「書き直して欲しい」「できれば○日までに」など、次々とオーダーが発生します。

臨機応変に対応するスキルが求められます。

もちろん納得がいかない場合は交渉してもいいのですが、小さなことで引っかかっていては、一つの仕事に時間を使い過ぎてしまうので、ある程度割り切ることも大切。

オーダーに対して迅速に的確に反応できるライターは重宝されますね。

コミュニケーション能力

ライターは一人で黙々と作業を続ける仕事のイメージがありますが、コミュニケーション能力も求められます。

取材やインタビューでよりいい質問をする、その回答を正しく解釈して記事にする必要性があるし、クライアントとのやり取りの場面においても依頼意図を正確につかむ、記事に関するアドバイスを聞き入る、不明なところは要点を絞って質問するといったところでコミュニケーション能力が活きてきます。

このようなコミュニケーション能力の有無は、まず応募の段階でチェックされているので、クライアントから質問を受けたときは、質問内容を正しく理解し、求められている範囲での回答ができるように意識してみてください。

足りない部分の努力量

初めてライターに挑戦するときは実績がなくて当たり前なので、足りないスキルや経験をどのように埋めているかアピールできるといいです。

専門性を高めるために書籍を読んでいる、他のライターの記事を読んで研究している、自宅でSEOの勉強をしているといったスキルを高めるための行動ができていると好感度が高いです。

ライターのための講座に通っている場合は、講座で何をどのように学んでいるか、どう実践できるか具体的に伝えられると、採用する側も興味を持ってくれますよ。

その他の記事

ライターに関する記事はこちらから。
★ライター虎の巻
★ライティングのコツ

無料小冊子「Webライターはじめかたガイド」

Webライターを始めるにあたって
必要な情報を盛り込んだ無料小冊子
「Webライターはじめかたガイド」
プレゼント中!

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

未経験からライターデビューするためにおすすめの資格・検定・講...

基礎を身に付けた「ちゃんと書ける」ライターが求められている

未経験OK求人も!Webライター募集中のメディアと応募の注意...

仕事をお願いしたくなるライターは「文章力がある人」ではない

未経験から安定して稼ぐライターになるための具体的なステップア...

ライターのスキルアップにライティング講座!スタイル別特徴