強い発信力を持っている人の条件

先日、オフ会をしました♪

時短ライティングの実践講座を受けていただいた

アダニヤ 美和さん
Hiroko Austinさん

美和さんは40代以降のマインドや身体作り
Hirokoさんはプラントベース食の研究家

どちらも素敵に年齢を重ねるために必要な心と食事のプロでいらっしゃるんです(一人だけ意識低い私…これから頑張る)。

Hirokoさん宅で、野菜たっぷりランチをご馳走になりました。

チラ見せ。




なんと華やか。

素材の味が引き出されていて、舌と身体が喜びまくっていました。見た目もお味もレストラン以上…。

こちらの食事レシピは、その他のレシピも含めてブログからたっぷりとご覧いただけます。

https://cookeatbehappy.com

自分がやっていることを信じる大切さ

Hirokoさんは、2021年1月〜3月の時短ライティング3ヶ月実践講座にご参加いただきました。

お申し込みいただいた当時は、まだアメブロで発信されていたんです。

講座の期間中にワードプレスへ移行されて、あっというまに100記事達成!8月にはセミナーも開催予定。すごい。

ご自身でペースを掴みながら、コツコツ淡々と発信されています。世界観もすごくわかりやすいですよね。

一方、美和さんは、フードセラピー講座の先生。脱「こうあらねばならない」をテーマに
普段の食事作りが楽しくなる講座をバリバリと発信されています。

お二人は食を通して話が合い、なんと同じ歳、同じ誕生月なことが食事中に発覚(?)しました。こんな出会いも、グループ講座の醍醐味ですよね。

美和さんもHirokoさんもエネルギーいっぱい!!!

講座を開催していたはずの私が一番ぼんやりしています(笑)

お二人と話していると「あぁ、発信力に絶対欠かせないのはこのポイントなのだな」と改めて気付きがありました。

自分が発信している内容を心の底からいいと信じている

ってことです。だから美和さんやHirokoさんの発信は力強いんだな、と。

言語化できるスキルは最大の強み

つい最近、別の受講生さんともチャットでやり取りしていて、こんなふうにお伝えしたんですね。

「自分の商品の良さを言葉にできると売り込みっていらなくなると思います。ただ、その良さを心から伝えればいい」

ふと、そのときのやり取りの中で湧き出た思考を言葉にしたんですが、自分で自分の言ったことにめちゃくちゃ納得しました。

時短ライティングの実践講座をやる中で、「私がお手伝いできるテーマはなんだろう」と常に問い続けていまして、一つは、この「言語化」なのだと思いました。

自分の良さを、
自分の商品の良さを、

言葉にできる人は意外と少ないんです。

それができないと、プロフィールを作ってもセールスページを作っても、無理やりな感じがしてきて、本人が居心地悪さを感じてしまう。

だから実践講座では自分の深掘りから始めるんですよね。

こういうワーク、起業塾などに通った経験がある人は何度もやっているはずですが、改めてテキスト化するのが大事。

日々あった出来事を
目の前の世界を
実際に感じた気持ちを

言葉や文章に落とし込んでいく。

普段からやっておけば、いざというときにするすると言葉が出てくる自分がいるはず。

地道な積み重ねが大事ですね。

【無料小冊子】そのままの自分で叶える 強い発信力の作り方 <5つのステップ>

ブログやSNSの
「書けない・続かない」から卒業!

無料小冊子
そのままの自分で叶える
強い発信力の作り方
<5つのステップ>
プレゼント中

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

朝井リョウ『正欲』を読んで「多様性」と「お客様」について考え...

一年間、趣味を真剣にやったら仕事につながった話

学びを「消費」ではなく「投資」に変えていきたい

ブログやSNSの「やる気が起きない」ときの対処法

動画やLIVEの時代になぜブログをやったほうがいいのか?

ブログ・SNSのコンテンツやネタは誰かとの対話から生まれる