女性起業家の発信における、最初で最大の敵

今日のブログは、何だか物騒なタイトルをつけてしまいました。

敵とは、私自身が戦い続けて一向に勝てない(笑)相手の話です。

早々に正体を暴いてしまおう。その敵の名前を…

自意識

といいます。

自意識とは、、、自分自身についての意識。周囲と区別された自分についての意識。自己意識。

発信の場面に置き換えると「必要以上に他人からの目を気にする」マインドを指します。

自意識の強さが壁になっていた

私は、自分について書くブログがすごーーーく苦手だったとよくお話をしていますが、いま振り返っても、一番の原因は自意識の強さだったんじゃないかと思います。

うまく書けないから恥ずかしい
こんなこと公にして大丈夫かな
言いたい内容まとまってないし
私が書く物なんて望まれてない

で、せっかく公開したのにやっぱりやめる!と翌日には下書きに戻してしまう。そんな繰り返し。

これは自意識という敵に完全敗北した結果です(笑)

もうこの一言に尽きます。

「気にしすぎ」

これ、過去の自分に言ってます。

私は発信が人生を切り開く可能性を信じていますし、また実際に体感もしてきました。

でも、元々は単なる無料のツールであって、どう使おうが何を発信しようが
自由であるはずなんです。

だから、他人がどう感じるかより、まずは手当たり次第にやってみるといいんですよね。正解なんてないですし。

仕事でブログやSNSが必要な人は多いと思うので、いわゆる「価値ある発信」を
どうやって考えていくのかはもちろん大切です。

でも、発信ビギナーさんの場合は、この考えがあるばかりに

「ちゃんとしなきゃ」を生んで、妨げになってしまうこと山の如し。

強い発信にはステップがある

人に伝わる発信をするために、いくつか段階があると考えます。

その最初のステップが、「自分の言葉」を書けるようになる。

でもね、実は書けているんです。本人には分からないだけで。

私は、時短ライティングの中で受講生さんが書かれた記事をいつも拝見していますが、「その人らしさ」は充分すぎるほどに滲み出ています

一つ目の記事から感じる。だから、あとは黙々と続けて研ぎ澄ませていくだけなんですよね。次のステップで、「もっと多くの人に伝えるためには?」を考えるといいかと。

まずは、自分を信じてあげる。

自分で書かないと、自分の言葉は生まれない。

自意識を取っ払うはずなのに、自分、自分と書いていたら
よく分からなくなってきましたが(笑)

無料で発信するのだから大袈裟に捉えすぎず、軽くランニングするような気持ちでやってみましょうよ、のお誘いでした。

あとは、こういう時に力強いのが仲間の存在です。みんな同じスタートラインにいる。怖い気持ちは誰でも同じ。

そんな中、踏み出そうとする姿は力にも刺激にもなります。

自分で自意識をやっつける

敵(自意識)は、本当にしぶといです。

倒しても倒しても蘇る!強い!私もまだ手こずっています。新しく書いたものを公開するときはいつもめちゃくちゃ怖いです。

でも、その先に欲しい未来があるから、一本一本がんばっている。

何度も言いますが、発信はただのツールでしかないので。ここにあまりこだわり過ぎず、トライ&エラーでやっていきましょう。

試した分だけ、手応えが生まれます。

【無料小冊子】そのままの自分で叶える 強い発信力の作り方 <5つのステップ>

ブログやSNSの
「書けない・続かない」から卒業!

無料小冊子
そのままの自分で叶える
強い発信力の作り方
<5つのステップ>
プレゼント中

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

ブログやSNSの「やる気が起きない」ときの対処法

お客様からいただいた「これぞ【時短】だと納得です」の声

結果を得るために、まずは一定期間「悩む」を放棄してみる

あなたの言葉や文章を待つ「誰か」のために

ビジネスだけ性格を変えるのは難しかった

ブログやSNSの効果を飛躍的に上げるためには「軸」が必要