2021年の発信はますます「マインド」が大切だ

先日、久しぶりに丸一日オフを取りました。朝から子どもの検診があり、夕方4時にはお迎えなので実質6時間ぐらいでしょうか。

インプットをたくさんしました。

心がけたのは「普段やらないインプット」です。

たとえば私は編集者であり【時短ライティング】を立ち上げたので

「文章術」
「コピーライティング」
「マーケティング」etc

といった本は日頃からたくさん読むし。自ら講座も受けています。

でも、この休みで意識したのはこういった種類のインプットではなく

小説とか
ディズニー映画とか
洋書とか

普段からもっと時間が欲しいけど余裕がないから難しい。そんなインプット。

心をほぐすって大事ですね。たぶん、自分でも気付かないうちに心も体も緊張しているんです。だからゆるゆると心が伸びをするような感覚を取り入れました。

こんな柔かい時間、いいなぁ必要だなぁと思いました。

心をほぐすと吸収力がアップするから結果的に仕事へ良い影響を与える。

最低でも月に一度、二週間に一度ぐらいはやりたいです。

さて、そんな中でも様々なニュースやSNSは一通り見てまして。

なんとなく2021年の発信トレンドはこうなるのかなぁと思ったことがあるので共有させてください。

今年はライブだ!といったようなツールの側面ではなく、どちらかと言うと心構えの部分です。

予測1)ハウツー < マインド

これまでブログや動画で発信する内容と言えばハウツーが多かったです。

たとえば「SNSのフォロワーが1ヶ月で10倍になる方法」とか。

もちろんこういった話もとても大事なのですが、今年は、もう少し手前が求められるのでは?と個人的には思っています。

「自分らしさを見失わずに続けるSNS発信術」とか。

え?あんまり違いがわからない(笑)?

なんとなく足場を固めるイメージでしょうか。そのために必要になるのが自分の掘り下げだったり、お客様への想いだったりマインドの部分です。

お客様の成果はもちろんですが、もっと「心」に寄り添える人。これをしっかりできる人が求められるんじゃないかなぁと思います。

予測2)自分のために < 他人のために

ここ数年「自分らしく」とか「自分を大事に」という自己啓発がトレンド(?)でした。

これからも必要不可欠な心構えですが、今年はそれが少しずつ外へ向かっていくかと。

自分のご機嫌を自分でとって好きなことややりたいことを見つめて、そういうのが少しずつ上手くなってきた。

では、そんなあなたの魅力で他人へどう貢献するのか?

予測1で言っているポイントと重なりますね。

実はアウトプットもこの部分がとても大切。あなたが書きたいことだけではなく「あなたを必要とする人があなたに書いて欲しいと思っていること」を考える。

以前、セミナーにご参加くださった方には、もう少し噛み砕いて実際にそれをどう探すのか?をお伝えしました。

きっと視点の切り変わりを感じていただけたんじゃないかと思います。ただ、掘り下げるのはそんなに簡単な作業ではないです。

考え続けなければならないし、まめにリサーチが必要だし、途中で軌道修正もするし、人との対話だってあったほうがいい。

私も仕事を通じて、まだまだ勉強中です。

ちょっと抽象的になってしまいましたが、長らく発信に携わる身として感じた新しい2021年の空気をお伝えしました。

いっしょにアウトプットを楽しんでいきましょうね。(もちろんインプットも!)

 

ブログや発信が続くマインドを整える!
コツやヒントをメルマガでお届けしています。

メルマガ登録はこちら

【無料小冊子】そのままの自分で叶える 強い発信力の作り方 <5つのステップ>

ブログやSNSの
「書けない・続かない」から卒業!

無料小冊子
そのままの自分で叶える
強い発信力の作り方
<5つのステップ>
プレゼント中

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

ブログ・メルマガ・SNSを続けられない人が無意識にやっている...

あなたの言葉や文章を待つ「誰か」のために

女性起業家の発信における、最初で最大の敵

誰かのブログやSNSを「羨ましい」と感じたときに唱える言葉

女性の起業に求められる「文章力」について思うこと

「いい文章とは、人をいい心持ちにさせる文章である」