アウトプットを継続するのに一番求められる力とは?

2020年、コロナという未曾有の事態が起きて、大きなキーワードとして注目されるスキルがありました。

「自己管理能力」です。

何が正解なのかわからない日々の中で、いかに自分や身近な人が納得いく形で行動できるか、常に求められたからです。

私が住んでいるカリフォルニアでは、2020年3月から長い長い自粛生活を送っており、一緒に住んでいる人以外と極力会わないように国や州から言われていました。

家族だとしても別々に住んでいたら控えるべき、と。コロナの状況によって、ルールは都度変わります。同居中の家族以外はぜったいダメとか、アウトドアなら3家族まで集まってOKとか。

でも、ここだけの話、友人の中にはルールを破って遊んでいる人もちらほらいました。私も時々誘われたりしましたが、友人たちにはすごく会いたいので少し迷いつつも、断ることが100%でした。

少しぐらいいや〜と思うのか、厳格にルールを守り続けるのか、それは自己管理次第。

正直、自粛生活は一年にも及ぶため、ルールを破る友人たちを攻める気にはなれません。我慢、我慢、が続けば、心が壊れてしまう可能性もある。

大切なのはリスク(デメリット)も引き受けた上の行動なのでしょう。

これはブログやSNSにも少しだけ近い側面があるなぁ、と思います。

たとえば「1日1記事を投稿する」と自分で決めたとして。誰も見ていないのだから
それを守るのか破るのかは自分次第。

強制力がない場面で、どれだけ自分が納得いく立ち振る舞いができるか。厳格も柔和も
どちらが善でどちらが悪か明確な線引きは難しい。

だから本当に自分次第なんですよね。そういう意味で、コロナ対応で図らず身に付いた「自己管理能力」は、個人主義が加速する2021年ますます必要とされるスキルだと思います。

 

ブログや発信が続くマインドを整える!
コツやヒントをメルマガでお届けしています。

メルマガ登録はこちら

Related Entry

「不合格ライター」から学ぶ、求められる人の条件

2021年の発信はますます「マインド」が大切だ

「書くこと」「アウトプット」は未来への投資

メッセージを届けるためには「何を伝えないか」もすごく大事

誰かのブログやSNSを「羨ましい」と感じたときに唱える言葉

「ままならなさ」を見つめることは、書くエネルギーになる