お客様と相思相愛になるライティング・4つのステップ

時短ライティングでは実践講座を行っています。

私が事前に作った資料をもとにポイントを解説しながらワークを交えたスタイル。ワークで出してもらった回答を一人一人にシェアしていただくので、一回2時間と長めです。

なぜわざわざワークを取り入れるのか。

ご自身の中で考えを深めて、実際に言葉にすることを大切にしているからです。

受講生さんが使用しているツールは主にブログですが、

インスタを中心に投稿している
これからラインディングページを作る

そんな方もいらしゃいます。

何をベースに発信するとしてもライティングは必要不可欠。

でも、実はそれ以前に自分の中にある想いがまだまだ隠れていたりしていて。そこにアクセスできるように、しつこく内面を掘り下げたり土台の話をしています。

ささっと書く!だけにフォーカスもできるとは思いますし長く続けるには大事ですが、このスピードは続けていれば自然と高まってくる。

それよりも大切なのは、伝わること

せっかく時間も労力も使って書くのであれば、読者やお客様と発信を通じて相思相愛になりたい。受講生さんにもそうなって欲しい。

たとえば、相思相愛を恋愛に置き換えた場合。

両思いになるため一番始めに必要なのは何だと思いますか?

・・・・・・(考え中)

まずは自分の想いに気付くこと

ではないでしょうか。え、そこ?って感じですね(笑)

けれど、意外と自分でもわからない方多いんじゃないかなと思います。何を隠そう、私がそうでした。

時短ライティングを始める前の半年以上、いやもっと言えば前にビジネスを立ち上げた2年前も自分のスキルを使って何をやりたいのか、ずっと悩んでいました。

本当にやりたいことを見つけられてようやく目標ができて動けるようになりました。

つまりは、想いを自覚してこそスタートライン。

その次に大事なのは…

相手に想いを伝えること

と言いたいですが、一旦ストップ!一つ抜け落ちています。その前に大事なのは、

相手について理解すること

じゃないかと思います。そうじゃなければ、相手の都合も考えず一方的にラブレターを出してしまい、「この子、全然わかってないな…」と思われてしまう。

つまりライティングにも段階があって、

【1】自分の想いに気付く
 (内側の掘り起こし、土台作り)

【2】相手を理解する
 (お客様視点=ニーズの把握)

【3】気持ちを伝える
 (ブログ、メルマガ、SNSなど発信)

【4】めでたく相思相愛
 (お仕事の受注、サービス購入)

ざっくりいうとこんな形です。もし、フラれてしまっても、

自分磨きに力を入れたり(文章力を高める)
伝え方を変えてみたり(発信媒体を変える)

対策を考えられる。それは前進の証!

これを繰り返していけば、想いは絶対に伝わるようになるはずです。

時短ライティングの単発セッションでは、相思相愛になるまでの流れをお手伝いします。

ブログやSNSのネタがないとお悩みの方は、【1】【2】にまだアクセスできていない可能性が高いです。

ライティングは気力も労力も使います。せっかく書くのであれば相手に想いが伝わると嬉しい。

ラブレターの効果を高めるお手伝いをいたします。

単発セッションのお申し込みはこちらから

Related Entry

起業にもブログにも必須!ライティング力は、魅せ方スキルでもあ...

ライティングのスピードを上げるコツは「設計図」を描くこと

文章の上手い人がやっている極秘練習法

ブログのアクセス解析は世相を掴むヒントの宝庫

ブログやメルマガなど文章を書くにもTPOがある

ブログのネタが「ない」→「ある」に変わる視点の話