メルマガ2500文字の書き方を公開してみる

メルマガって、みんなどうやって書いているんだろう…って気になりません?

私はこれまで書き方を習ったことがなくて、すべて自己流です。いつもだいたい1000〜2500文字。時短のポイントも合わせてご紹介するので、よかったら参考にしてみてください♪

1)ネタを決める

ネタは、書く前から決まっています。ネタ帳に常時10〜20本程溜まっており、そこから選びます。

夜、シャワー浴びている時とか
朝、子どもたちを送迎する車の中とか

「あれを書こうかな」という感じで気分によって決めています。

★時短のポイント
書く段階になってネタを考えない

2)紙にアウトライン(構成)を書く

どんな流れにするかざっくり決めます。

ネタ帳に「気付き」と「背景」をメモしているので、それをもとにざざっと書き起こします。こんな感じです。

雑……。

これは、前回のブログ記事に転載したメルマガのアウトラインです。2500文字!

起業にもブログにも必須!ライティング力は、魅せ方スキルでもある

記事も自分も「魅せ方」が大事だよね。
それにはライティングスキルが必要だ!

というメッセージでした。

紙に書くなんて一見遠回りのようですが、こうやって骨子を作っておくと書いていてブレないからおすすめです〜。

★時短のポイント
思考を頭の外に出して整理する

3)一気に最後まで書く

書きながら「もっとこうしたほうが…」と修正していると一向に進まないので、まずは最後までビューンといきます。

一旦「仕上げる」のがポイントです。ここまで書いたら公開しないともったいない気になるので(笑)

途中で何度も躓くと「やめた」となり、下書きが増えてしまうんですよね…。

★時短のポイント
細かい点を気にせずとにかく書き上げる

4)音読しながら修正する

長文の場合は必ず声に出して読みます。

そうすると、流れがチグハグだったり、同じ言い回しを何度も使っていたり、おかしな箇所に気付きやすいんです。

そこをパパッと修正。

音読→修正→音読…と繰り返します。

★時短ポイント
声に出して読むことで間違いに素早く気付く

5)文字に装飾を付ける

だいたい公開できそうな形になったら、最後に文字の装飾をします。

①太字②ピンク文字

やるのはこの2つ。

どの言葉を装飾するのかは、読みながらなんとなく、です(笑)

★時短ポイント
装飾は最後にまとめてやる

自分の型を見つけると楽になる

はい、終了!

ここまで、早ければ30〜40分、時間がかかる、もしくは長文の日は90分ぐらいです。予約投稿セットして一丁あがり♪

文章には大体「型」があって、それを使いながらトレーニングしているとだんだん自分のパターンができます。

すると、すごく楽になるんですよ!

あとは「修正」とか「装飾」とか、作業自体をまとめるのもポイントです。

 

ブログや発信が続くマインドを整える!
コツやヒントをメルマガでお届けしています。

メルマガ登録はこちら

無料小冊子「ブランディングに強い 個人メディアの作り方」

自分にしかない価値を掘り下げて
ブレない発信力の土台を構築する!

無料小冊子
「ブランディングに強い
個人メディアの作り方」
プレゼント中!

ダウンロード登録はこちらから▼
「無料小冊子プレゼント」

Related Entry

読みやすい文章に必要なのは「主観性」と「客観性」のバランス

「日記」が「記事」になる小さくて大事なポイント

長文が書けない!とお悩みの方へ、まず最初にできること

人に届く発信をするためには、観察眼を鍛えるといい

起業初期に知っておきたいブログやメルマガを書くために大切なこ...

ライティングのスピードを上げるコツは「設計図」を描くこと